ホームページの閲覧者数を多くするためのSEO対策と注意点

ホームページの閲覧者数を多くするためには

ホームページやブログ、サイトの閲覧者数を多くするためにはSEO対策が必要です。そしてSEO対策を効率的に実施するためには中古ドメインを活用することが望ましいです。中古ドメインとは以前に他の方が利用していたドメインのことであり、以前に似たような業種で使われていた場合はSEO力を発揮する場合があるのです。例えば、以前に観光サイト関係で利用していたドメインであれば、観光関係の情報サイトからの被リンクが多く設定されている可能性があります。そして今回のサイトも観光情報関係であった場合、この被リンクは結果的に有効なものとなるのです。

中古ドメインを利用する場合の注意点

上記のようにホームページやブログを運用するにおいて、中古ドメインの活用はSEO力を高めるための有効な手段となることは明らかです。しかし、中古ドメインを活用する場合は注意点もあるので気をつけたほうがよいでしょう。中古ドメインは以前に使われていた用途が今回の用途と合えばSEO力を発揮しますが、以前の用途が全く関係のない業種であったりすると全然関係の無いマーケットからの被リンクが設定されています。そうなると、閲覧者数は実績上では増加しても、全然ニーズの異なる方からのアクセスが多いだけであるため売り上げ等には全くつながらない場合があるのです。また、業種が異なるだけならマイナスにはなりませんが、以前のサイトがブラックサイトであった場合はそのようなサイトへのアクセスがセキュリティツールにより禁止されていることもあり、その関係でどれだけ他のSEO対策を実施しても全くアクセスされない、という事態にもなりかねないのです。

ホームページ作成とSEOには関係があります。作成したページが検索で上位にヒットするよう、工夫する必要があり、たとえば「METAタグ」に関連キーワードを埋め込むなどの方法があります。