知らないと大変!事業承継の方法について理解しよう

会社の事業承継は大事な課題です

会社経営をしている人にとって、将来誰に後を継いでもらうかは重要な課題です。いわゆる事業承継をどのようにするのかを、負担から意識しておくことが必要となります。基本的には後継者を育てて会社を継いでもらいます。そのための教育をしておかなければなりません。経営に忙しいからと後回しにしていると、自分が引退する時期になっても任せられる人材がいないという事態にもなりかねません。

後継者探しには2つのパターンがあります

会社を継いでもらう後継者を選ぶためには、2つのパターンがあります。ひとつは親族に任せる方法ですが、会社の方針をそのまま引き継いでくれる可能性が高いことから安心感があります。ただし親族でも事業運営に関するノウハウがなければ、任せることはできません。そこで社員の中から能力の高い人材を育てて事業承継を行う方法もあります。いずれにしても、時間をかけて会社経営のノウハウを伝承しなければなりません。そのためには早い段階で計画を立てておく必要があります。

M&Aによる事業承継のメリットとは

どうしても後継者が見つからないという場合には、M&Aを利用する方法もあります。これは会社経営に関する全ての権限を売却するものですが、いくつかのメリットと注意点があります。まずメリットとしては、経営ノウハウが豊富な経営者に売却することで、会社を存続させることができる点が挙げられます。社員の生活を守ることもできるわけです。注意点としては、経営方針に関して同じ考えを持つ相手を探す必要があるということがあります。

事業承継とは、会社の経営を後継者に引き継ぐことをいい、次の社長を誰にするか、会社の経営権を誰に引き継ぐか、後継者の教育をどうするか、といったことがあります。