どのようにしてフランチャイズを選んだらよいのか

最初に何をしたいか明確にする

ビジネスを始める場合には、フランチャイズ契約を結ぶ方法がありますが、フランチャイズ契約といっても様々な種類の業者があります。日常的なお店としては、コンビニエンスストアやファミリーレストラン、居酒屋などの飲食に関するものが多い傾向です。それ以外でも雑貨やガソリンスタンドのフランチャイズもあります。

選ぶときには、どの仕事が一番もうかるかで考える人もいますが、それよりも自分がやってみたいフランチャイズを選ぶことが重要になります。飲食店に興味がないのに飲食店がもうかりそうだからと考えて飲食店を選ぶのではなく、本当に飲食店を営みたい人が飲食店を選ぶべきです。そうでなければ、興味を持って長く続けることはできませんし、仕事で一番重要な情熱が途中で失われてしまう可能性があります。

初期費用が足りなければ借りることも必要

フランチャイズを始める場合には、初期費用を用意しなければなりませんが、初期費用は1000万円から3000万円くらいのお金が必要になります。これはお店の種類や場所によって大きく異なります。最初からお金を用意できれば問題ありませんが、そうでなければお金を借りる必要があるでしょう。

お金を借りる場合、銀行で借りることを思い浮かべる人もいますが、銀行の場合は信頼がなければなかなか貸してくれません。そこで、金融公庫で借りる方法があります。金融公庫であれば、担保や信頼などは必要なく面接と事業計画書の提出があれば貸してくれる可能性があります。とはいえ、持ち金と同額ぐらいまでしか借りることができませんので、いずれにしてもある程度は事前にお金をためておくことが大事になるでしょう。

代理店は企業の商品を消費者との間で仲介して販売する場所のことをいい、企業よりも消費者に近い立場で商品販売をする、という点で重要な販売者だといえます。